1. TOP
  2. 備忘録
  3. リスクを恐れ、縛られて生きますか? ー 「自分の人生を自分でコントロールする生き方」

リスクを恐れ、縛られて生きますか? ー 「自分の人生を自分でコントロールする生き方」

備忘録 起業・事業経営 Fumio Sakurai
この記事は約 3 分で読めます。 28 Views

国も全面的に推す形で進んでいる「副業」解禁。
その背景には何があるのか。

・働き方改革
・オープンイノベーション
・起業転職

IT技術の進化と共に、企業の在り方も、人の働き方も大きく変わりつつある。

オフィスへ出社せず、自宅やシェアオフィス・コワーキングスペースを利用して働ける会社が増え、

大企業は、自社リソースだけでの新規事業ではなく、スタートアップ企業との提携・支援により新しい事業領域に取り組むようになり、

リスクを抑えながら起業できる手法も増えつつある。

その背景には何があるのか?

ずっと日本が陥っている「デフレスパイラル」

低迷し続ける日本の景気を回復するためには、バブル崩壊以降陥り続けているデフレから脱却しなければならないということは皆さんも耳にしているのではないだろうか。

デフレから脱却する為には、物価が上がり、サービス提供者の賃金が上がり、消費が増える流れを作ることが重要だ。

その為に欠けているものは何なのか?

それは「日本人の自信の喪失」ではないだろうか。

・安くないと売れないと思い込み、高く売り込むことができない。
・過度な価格競争に陥り、サービスの質に拘り、結果としてサービス提供者が疲弊する。

この悪循環をどうすれば断ち切れるのか。

日本人はどうすれば「自信」を取り戻せるのか。

断言できることは「日本のサービスの質は高すぎる」ということだ。

「高いサービスを安価に受けられる国」

それが世界から見た日本の実態だ。

皆さんは「爆買い」される日本の現状に納得がいきますか?

アメリカを変革しつつある、トランプ大統領が選挙スローガンに使用したのが「Make America Great Again(アメリカを再び偉大にしよう)」だ。

日本人も「Make Japan Great Again」の意識を持つべきではないだろうか。

民間企業の平均年収は、1997年の467万3000円をピークに下落し続けている。
政府による民間給与実態統計調査によると、2016年には421万6000円まで下落した。

この国は「緩やかな死に向かっている」のではないだろうか。

日本における企業生存率(企業が生き残る数の割合)をご存知だろうか。

30年生存率は、わずか「0.02%」だ。

この数字は、新入社員として入社した会社で定年まで勤め上げることはほとんど不可能であることを物語っている。

この現実にどう立ち向かっていくべきなのか?

日々の仕事でスキルを磨き、キャリアを積み重ねる。

そのためには「自分の人生を、自分でコントロールする」という、「自分への自信」を持つことが重要なのではないだろうか。

そのための選択こそが「起業」であり、「副業」なのではないだろうか。

「自分への自信」を持つ人が増えることで、「日本人は自信を取り戻せる」と願っている。

だからこそ、「自分への自信を持つ」為にチャレンジする同志を増やしたい。

「リスクを取って、自由に生きる」

私はその為に「起業」した。

\ SNSでシェアしよう! /

Stakeholder Successの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Stakeholder Successの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

Fumio Sakurai

Fumio Sakurai

株式会社NEXT Innovation 代表取締役
小3からプログラミング(Basic)を学び、法学部 → 財務系コンサル → 外資系生保営業 → ITスタートアップ起業という異色の経歴を持つ。
職種は「ビジネスデザイナー」
事業の戦略・戦術立案から実際の運営支援、マーケティング、ブランディング、社員育成、業務改善、システム制作を行う。

おそらくアスペルガー症候群であり、常にやりたいこと・アイデアが止まらなくなってしまうため、一社専属での会社員を勤められず、起業に至った。
現在5社の顧問を行いながら、コンサルティング・ブランディング指導を行なっている。

この人が書いた記事  記事一覧

  • リスクを恐れ、縛られて生きますか? ー 「自分の人生を自分でコントロールする生き方」

  • 「投資」していますか?継続的に売上を上げ続ける会社の特徴について

  • CSSトレーニング②「Flexboxを使い倒して、PC・スマホの表示切り替えを簡単に」

  • AdobeMUSEの開発終了にみるWEB制作の潮流

この記事もあわせて読みたい!

  • 落語から学ぶ「コミュニケーション」

  • 「ブランディング」のためのリファーラルマーケティング

  • 「自分の価値の上げ方 〜値段は誰がつけるか〜」

  • Speakによる感情コントロール

  • 事業家に必要な「置換え」スキル

  • AdobeMUSEの開発終了にみるWEB制作の潮流